写真 Maya Fraser Official Website
profile (English)
マヤ・フレーザー
カナダ音楽コンクール国際ステッピング・ストーンの審査委員より「大変に芸術的な要素があり、美しい威厳ある演奏」と評され、プラハ音楽アカデミー教授パヴェル・プラントル氏より「モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番イ長調を、稀に見る音の質と均整のとれた様式で、私自身とオーケストラの全員にあざやかな印象を与えた鋭い音楽的個性で演奏した。」と絶賛された。
全日本学生音楽コンクール全国第1位(高校生の部)、カナダ・オーフォード音楽祭国際音楽コンクール第2位、カナダ音楽コンクール国際ステッピング・ストーン第2位、日本モーツァルト音楽コンクール第2位など、数々のコンクールで受賞。
チェコ・フィルハーモニー室内管弦楽団、小林道夫・東京ゾリステン、山梨交響楽団などのオーケストラとソリスト共演。デビュー以来定期的にソロ・リサイタルを行っている。カナダ・ツアーではオンタリオ州キッチェナー・ウォータールー室内楽ソサイエティ、カラーズオブミュージック音楽祭、ビーバー・ヴァリー室内楽音楽祭など数多くの音楽祭に出演、その模様はカナダ国営放送でオン・エアされる。
2003年7月ファースト・アルバムをエイベックス・イオよりリリース。千葉ロッテマリーンズ球場公式戦にて「君が代」を演奏。テレビ朝日「題名のない音楽会」出演。
霧島国際音楽祭、アスペン音楽祭、オーフォード音楽祭、バンフ音楽祭、メキシコ・ノーザンライツ音楽祭参加。

山梨県甲斐市出身。
山梨英和中学校、桐朋女子高等学校音楽科、カナダ王立音楽院グレン・グールド・スクール、トロント大学大学院卒業。
現カナダ王立音楽院ヴァイオリン講師の姉サラ・フレーザー・ラフの影響を受け3歳よりヴァイオリンを始め、天満敦子氏に師事。
その後原田幸一郎氏のもと桐朋女子高等学校音楽科で学び、高校卒業後カナダ王立音楽院に留学、故ローランド・フェニヴェッシュ氏に師事。
ピアノを西方早百合、篠原ますみ、吉武雅子、斎木隆各氏に師事。
2006年より東京都交響楽団の定期演奏会に参加している。
演奏活動の傍ら後進の指導にも当たっている。
山梨メセナ協会より11年連続芸術支援を、またカナダ基金より奨学金を受ける。
元シンフォニア・トロント室内合奏団団員。
東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師。
藝大フィルハーモニア ヴァイオリン奏者。
西本智実プロデュース・イルミナートフィルハーモニーオーケストラ ヴァイオリン奏者。
Maya Fraser
Maya began the violin at age three, and later entered the Toho School of Music High School to study under Professor Koichiro Harada, founding member of the Tokyo Quartet. Maya then studied at the Royal Conservatory of Music in Toronto as a student of the late Professor Lorand Fenyves, earning her Performance Diploma, and the following year she received the Advanced Certificate in Performance from the University of Toronto Faculty of Music.
In her first year at Toho, Maya won the high school division of the All-Japan Student Music Competition, and subsequently held her first recital at the age of 16. Since then she has won prizes at several competitions, including the silver medal at the 1999 Orford International Music Competition, the silver medal at the CMC International Steppingstone Competition in 2000, and second prize at the 11th Japan Mozart Competition in 2003. In 2002 Maya advanced to the 2nd round of the International Mozart Music Competition in Salzburg. Her performance at the Steppingstone Competition was singled out by the jury: “A performance on a very high level throughout. Very artistic, dignified music making. Bravo!”
Since her debut, Maya has given many solo recitals in Japan and Canada, and has been soloist with a number of orchestras. Her performance with the Czech Philharmonic Orchestra in 2002 was praised by the concertmaster, Pavel Prantl. She performs regularly at the Canadian Embassy in Tokyo, and went on a Canadian tour in November, 2006, ending with a recording for CBC Radio at the Glen Gould Studio. Maya released her first album “Angel Plays Soul” with the major record company, Avex Japan, in 2003, and the following year played the national anthem at a regular season baseball game at Chiba Lotte Marine Stadium before 30,000 fans.
Again in 2008, Maya returned to Canada to perform with the Kitchener-Waterloo Chamber Music Society, at Colours of Music (Barrie) and at the Beaver Valley Chamber Music Festival.
Maya has participated in the Aspen Music Festival, the Orford International Music Festival, the Banff Music Festival, and the Kirishima International Music Festival. For the past eleven years, Maya has received a grant from the Messena Association for Support of the Arts in Japan, and is also a recipient of a Canada Council for the Arts grant. While living in Toronto, Maya was a regular member of Sinfonia Toronto. Since 2006, she has taken part in regular concerts by the Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra. Besides performing, Maya enjoys teaching violin in Tokyo.
▲TOP
(C) Maya Fraser Official Website All Rights Reserved.